デザイナーズ住宅の大きな魅力、夢のマイホームを実現

気になる費用

注文住宅といってもさまざまな建築会社があります。
注文住宅という一つの種類としてとらえられていますがその実態は、会社によって使用など全く異なるのです。
ハウスメーカーやハウスビルダーでは全国や事業を展開している地域全域で同品質の住宅を建築する必要があります。
そのためには商品に使用する材料や施工の方法などすべてにマニュアルが存在します。
ですから自由設計といっても比較的自由度は低い設計となってしまいます。
一方で地元密着の工務店や建築士事務所などの設計の自由度は高く使用する材料はもちろん間取りや設備など凝ったものを作ることができるのです。
しかしこういった会社の中には設計をするだけでも費用が発生する会社も少なくないなどメーカーと比較しても建築費が高額になってしまいます。

自由度が高いということは様々な理想を形にすることができるということですが反面すべての要素を建築主が決定しなければならないのです。
土地を決めたり建物の設計を決めたり使用する設備のメーカーやグレードを決定する融資先を決定するなど建築主の思いがない部分でさえ選択をしなければなりません。
ですからより広い範囲の知識が必要になります。
また知識に限界はなくより豊富であるほど住宅の選択肢が広がるのです。
優秀な建築士や営業マンなどはその知識量や経験値が豊富で提案能力が高いのです。
そういった人に依頼できれば自分で知識を得る必要がなくなりますが、そういった人の場合より費用が高額になるのです。
知名度のある有名な建築士の場合デザイン料だけでも数百万円という料金も珍しいものではないのです。